ペニーレイン

先日テレビで放送されていた那須のペニーレイン。妻だけでなく、長男が行きたいと珍しく言うので、3連休に日帰り那須ドライブを敢行。
目的は、ペニーレインでのランチとちょっとだけ観光ということで、朝8時ごろには自宅を出発。

往路

前日は雨だったが、この日は雲ひとつない晴天でお出かけ日和。行きの東北道は起きたての事故渋滞に少しハマりかけながら、11時ごろには那須インターを降りる。降りたところでいきなり渋滞。那須街道を那須高原へ向かう車が多いらしい。

このまま行くと那須サファリあたりまで車列だらだらとなりそうなので、少し西側の道から迂回してペニーレインへアプローチした。

[AD]

到着すると行列

11時半前に到着したのだが、駐車場もベーカリーもとにかく並んだ。最終的に、並び初めてからテラスでパン食べて出発したのは14時ごろ。3時間弱はこの場所にいたことになる。

駐車場は東側からの車列が待機の列

まずは駐車場の待機。

西側からアプローチしたら全くストレス無く、ペニーレインのある小道までたどり着くことができたが、最後の道に入った途端、全く動かないのでは?と思うような車列に並ぶ。駐車場待ちかな?と順番待ちしてみた。

ペニーレインの前に到着すると、誘導係の方が何名かいた。そして東側からアプローチしてきた対向側にも同じように車列が。。係員の方が言うには、あの列の最後尾に並び直して下さいとのこと。つまり、今まで並んできたのはただ店の前を通り過ぎるための列で、駐車場待ちは反対だと。そしてベーカリーにはさらに行列が。。


赤い車列から青い車列に並び直し

と言うわけで、妻にはベーカリーの列に並んでもらい、私は駐車場の車列に並び直すために一度通り過ぎて折り返して最後尾に並び直した。

結局そこから約30分で車を駐車場に停めて、ベーカリーに並んだ妻と合流。まだ並んでました。

長蛇の列はベーカリー

今度はベーカリーに入るための列に並んだ妻と合流。この時点で12:15ごろ。そもそもの混雑もあるけれど、新型コロナ対策で入場者数を制限しているのもあって混んでいる様子。

一方で、併設してるレストランやテラス席は別の案内になっていて、30分程度の待ち時間(料理はそこから45分)といったところだった。
なので、ベーカリーは利用しないなら列には並ばず直接向かえばオーケー。


並んでたのはベーカリーだけ

我が家の目的はパンだったので、引き続きベーカリーへの列に並び、ようやく中に入ることができた。
お腹が空いている時の買い物は多めの買い物に繋がってしまったが、長男が食べたがってたブルーベリーブレッド始めいくつかのパンを選ぶ。
お昼時だからなのか、ベーカリー内でパンを選んでいる間も焼き上がったパンが次々と運ばれて、お目当てのパンがあっても売り切れの心配は無さそうだ。

最終的には12:40ごろにパンを購入。ここまで1時間半弱はかかったかな。

[AD]

テラス席でパンを頂く

パンを購入したら、そのパンを食べたい。当然持って帰るか場所を移して食べても良いが、我が家はここのテラス席でパンが食べたい!と言うことで、ベーカリーでパンを購入してからテラス席へと向かいました。

待合席はたくさんある

待った時間は30分弱。テラスと同じ空間の待合席で待つことに。
この待合席は椅子だけで無くテーブルもあり、このままここで食べたい衝動に時々駆られたが、それを抑えながらようやくテラス席へ案内された。


パンを食べられそうなこの辺りも待合スペース

テラス席

周りは意外と(?)レストランのランチメニューをオーダーしている様子でパンを食べているお客さんが見当たらなかった。不安になったが、店員さんに再確認して食べても良いとのことなので、一人ずつドリンクをオーダーして、買いたてのパンを頂くことにした。

テラス席は木に囲まれた素敵な空間で、囲まれたと言っても鬱蒼としているわけでは無く気持ちの良い日差しが差し込む程度なのでとても爽やか。この空間でする食事は美味しかった。

願わくば、もう少し空いていて順番待ちが無く、ゆっくりと食事ができたら最高だろうなと思った。

食事も終わり気づけば14時。滞在したのは約3時間弱!ようやくペニーレインを後にした。

おわりに

ペニーレインでパンを買い、テラスでランチする、って目標は無事に達成できた。素敵なテラスで美味しくパンを頂くことができて良かった!

一方で、並び初めて3時間弱と長い時間ここで過ごしたのも事実。駐車場とベーカリーに並ぶのを分担してこれなので、あとは時間帯や曜日をズラすしか回避はできないかな。

那須のペニーレインに向かう方は、時間に本当に余裕持って行くことをオススメします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください