運動会に向けて望遠レンズを借りてみたら

先日開催された、幼稚園年長の娘の運動会。これに向けて望遠レンズをレンタルすることにした。

レンズ選び

以前もレンタルしたことがあり70-200mmだった。当時も借りて良かったが、予算の都合で古いLレンズを借りたのと、やはり200mmでは多少物足りなさを感じていた。

また、初めはLレンズが良いなと思っていたが、思った以上にレンタルが高かったのと、非Lレンズだけど評判は良く私にはこれで十分かなと考えるようになった。

そこで、今回は70-300mmのLでは無いレンズを借りた。

今回も、レンタルはApexレンタル館です。

ワイド端が70mmと言うことで、近くの撮影には若干向かないこともあり、その場合はiPhoneでも良いが念のため普段の18-135mmを持ち出した。

普段のレンズはAPC用EF-SマウントのレンズでAFはSTM。ズームは18-135mm。
一方今回借りたレンズはフルサイズ向けのEFマウントのレンズでAFはUSM。ズームは70-300mm。この2つのレンズ持って行った。

いざ運動会での撮影

まずはレンタルした300mmズーム。このレンズの一番の期待は望遠で被写体を大きく撮影すること。グラウンドの反対側で待機する娘もしっかり表情を捉えられるし、かけっこなどの競技中も動作をバチっと切り取れるし、周りのボケも素晴らしい。最初に期待した通りでバシャバシャ撮影できた。

その後、近くを撮るのに普段使っている18-135mmのに交換すると、軽くて扱いやすく感じる一方で、ズームが遅いことに気がついた。今まで気にしたことなかったが結構ショッキング。

そのSTMのもどかしさを感じたズーム速度の感覚がまだ残った中で、再び離れたところから撮影するため70-300mmに再び装着し直すと、一瞬でフォーカスがあう。連続して使うことで、STMとUSMとのAF速度の違いが否が応でも明確になった。

[AD]

さいごに

今回借りた、キヤノンのEF70-300mm F4-5.6 IS II USM は価格もLレンズに比べれば手に届くところにあり、これはかなり欲しくなってしまった。持ち出すのは運動会やお遊戯会といった限られたシチュエーションかもしれないけれど、毎回レンタルすることを考えれば、5年くらいで元が取れてしまうのではないかなという、言い訳のような理由もついた。

次は長男の運動会が月末にある。そろそろ結論を出さなければ。。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください