劇団四季 ノートルダムの鐘

名古屋にせっかく行くので、両親に子ども見ててもらい、夫婦で劇団四季のノートルダムの鐘を観に行った。東京では先日千秋楽を迎えたのだが、妻がえらく気に入ってもう一度観たいとなり、そこまで言うなら私も観たいと言うことで。最後に劇団四季観たのは長男産まれる前かな?結構久しぶりだ。ミュージカル自体もブロードウェイで観劇してから3年半ぶり。

[AD]

名古屋の四季劇場は以前の位置から移転していて少し敷地は狭くなった感じだが、劇場内に入れば余り気にならない。到着したときはちょうど夕暮れどきで、建物の色と空の群青が見事にマッチしていた。

いよいよ開演。少しだけ登場人物の関係とかを予習していったのでストーリーの展開がよく理解でき、歌のお陰でその人の感情がダイレクトに伝わる感じ。ソロの歌唱力やコーラスのハーモニーも良かった。

ただ、物語はハッピーエンドでは終わらない。人の欲望、理性、思いやりって何だろう?色々と考えさせられる内容だった。

原作はディズニーだが、子どもには少し重い内容。同じディズニーでもアラジンやライオンキングは子どもでも楽しめるが、ノートルダムの鐘は大人向きだった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください