落車で頚椎横突起骨折・入院4日目 横突起の骨折だった

入院4日目の晩に、ようやく主治医の先生から説明があった。この日の午前中の会議で治療方針を決めていたはずだが、手術と外来対応で日中は来れず、夕飯も終わった19時くらいに来て頂いた。担当看護師の方が何度も連絡とってくれたらしく、そのおかげがものすごく大きい。

初日に頚椎骨折と聞いていたが、正確には頚椎横突起骨折、だそうだ。頚椎に脊髄が通る大きな孔の他に椎骨動脈が通る小さな孔(横突孔)が左右にあるのだが、その孔を形成している骨が横突起。身体の前側にあり、そのうち左側の横突起を骨折していた。写真の青丸部は右側の正常な横突起で、左側の赤丸部は横突起が欠けていなくなっている。

その骨片が動脈を圧迫して脳梗塞になる懸念があった。しかし、それも初日に造影剤を入れて撮ったCTで異常が無いのが明らかになっていた。
病院の会議でも最終的に確認されたのは、手術の必要は無く保存治療で良いということ。動脈は横突起の代わりに周りの筋肉が守ること、骨片も筋肉の中に埋もれて余程強い外力を加えない限り血管を損傷するようなことはないこと、逆に横突起を繋ぐ手術をしても周りの筋肉が多くてキレイに繋ぐのは難易度が高いこと、などが理由のようだ。

骨片を残したママというのも不安だが、晴れて手術は不要ということで、その点は少し肩の荷が下りたかな。明日は歩行OKもらったので、いよいよリハビリ開始。やっとトイレに行ける!

そう言えば、肋骨も骨折しているはずなのだが、そちらは話題にも上がらず、自分自身も忘れていた。まあ、なにも手の施しようがないから仕方ないか。


コメント コメントを追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*