落車で頚椎横突起骨折 救急搬送されてから退院までの9日間

9月3連休最初の土曜朝。荒川自転車道の秋ヶ瀬より北のけんぽグラウンド横で落車してしまった…そして、左肩周りに痛みを抱えたまま、さいたま赤十字病院に救急搬送された。



診察の結果、頚椎横突起の骨折、肋骨に一部骨折が見つかったのと、左首の擦過傷が主な怪我と診断された。それ以外にも左肩周りは骨折の影響か腫れが大きく、肩は全体的に筋肉が張っている感じで、骨折箇所は動かさなければ痛みは無く感覚的には筋肉の張りが一番痛んだ。

ただ、不幸中の幸いで、頚椎横突起骨折の懸念であった椎骨動脈圧迫による脳梗塞のリスクは解消され、整形外科の会議を経て保存療法となったため手術をせずに済んだ。

結論が出たのが三連休明けた火曜の晩。土曜日に入院してからそれまではベッド安静で30度までしか身体を起こせない生活。食事も歯磨きも身体の清掃もトイレも全てその状態で済ませていた。三連休じゃなければ、連休初日じゃなければ、もっと早く自由の身になれたのに…

それに、実は入院してから結論聞いた火曜晩まで「頚椎骨折」としか聞いておらず、てっきり脊髄守ってる部分が骨折していて麻痺して動けなくなるのと背中合わせだと思い込み、ヒヤヒヤしながら物凄く慎重にしていたが、説明聞いて少し力が抜けた。初めから横突起の骨折と言ってくれれば良かったのに…



と言うことで、水曜以降リハビリが始まり、初めは身体を起こすだけで平衡感覚も無くフラフラだったが、翌日には歩行や階段昇降は問題無く距離と時間を伸ばすのが今後の課題だと言うくらいに順調に進んだ。ただ寝たり起きたりは結構辛く、背中の痛みをかばいながら上手く寝起きする方法を模索している感じ。



こうして、晴れて9日目の日曜日に無事に退院することができました。

妻や両親を始めとした家族にはフルサポートしてもらっているのはもちろんだけど、
翌日すぐにお見舞い駆けつけてくれた自転車仲間の藤野さんはじめtoRideの皆様、本当にご心配をおかけしました。
そして、私の業務を引き継いで頂いてる会社の同僚の皆様、本当に申し訳ありません。
また、OB総会幹事会の副幹事長とマンション理事会の理事長でありながら、会合に穴を開けてしまいご迷惑をおかけしました。

今は退院して自宅療養中ですが、怪我して2週間経つ来週には仕事復帰を始めとして、少しずつ元の生活と役割に戻って行きたいと思いますので、よろしくお願い致します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*