祖母の気遣い

今年の敬老の日には元気な声で電話で話した祖母が、具合が良くないと言う知らせを受けたのが10月末。
少しでも気がまぎれるならと、初めての新幹線に目を輝かせた長男と1歳目前の長女を連れて名古屋の祖母に会いに行ったのが11月半ば。
起き上がるのも辛い祖母に、帰宅してから手紙を書くと言って、長男がママに手伝ってもらいながら書いた手紙を送ったのがその数日あと。
そして11月末の土曜に1歳の誕生日を迎えた長女。
その日から私は9日間の休みを取っていた。

そして私の休みが始まった月曜未明に祖母が他界した。まるで、私たち家族が会いに来るのを待ってくれていたようで。まるで長女の誕生日をお祝いしてくれたようで。まるで私の仕事のことを考えて私の休みまで待ってくれていたようで。

人に迷惑かけることを嫌う性格だった祖母。そんな祖母は最期まで祖母らしく気遣ってくれたんだなって。

祖母にとって娘息子3人、孫4人、ひ孫7人で見送った最期のお別れ。待ち時間や食事中は子供達が(特にうちの長男が)ハシャギ過ぎて一瞬葬儀場とは思えない賑やかさだったけど、それでも家族みんなが集まって最期送れたことには、おばあちゃん喜んでくれたかな?そして今頃は大好きなおじいちゃんに逢えてると良いな。


コメント コメントを追加

  1. 最期まで祖母らしい気遣いをしてくれました。

    祖母の気遣い – https://t.co/Uswn6GtFwi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*