tanabike図工室2017

夏休み第一弾の最終日は、senkiyaにあるギャラリーtanabikeで開催される、「tanabike図工室2017」で開かれるワークショップに参加。

参加したワークショップは、アルフェテさんが主催する、絵の具BAR『魔女の大きな花を描こう&布の鞄づくり』。

持参した絵の具を使って好きな色を作ったり重ねたり混ぜたりしながら、葉や花に見立てた紙に思い思いの色を重ねて行く。

花の部分は、ストローで吹いてブクブクさせてシャボン玉のように絵の具を泡にして膨らませて、載せていく。

こうして花が完成。

続いてトートバッグ。透明なフィルムに描かれた花と葉に、思い思いの色を重ねていく。そのフィルムの上にバッグを押し付けると、さっきとは違う草花の上に重ねた色だけが載るしくみ。

一緒に参加したお友達も含めて子供たちは大満足。ただ絵を描いていくだけでは無くて、ストーリーをもたせて作品を作っていく様子に、親たちも魅了された。

子供達はどこまで理解したのかは分からないけど、絵を描くこと色を重ねること何かを作ることの楽しさを発見出来たなら、このワークショップに参加した甲斐があったかな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*