箱根神社

箱根に行っても今まで行ったことが無かった箱根神社。大きな鳥居と古い杉の木がとても厳粛な雰囲気を出しているのだか、その雰囲気も吹き飛んでしまいそうなくらいに、アジア系の外国人、特に中国人の観光客が多かった。

本殿に登る鳥居を潜り階段を登り始めると、次第に中国語ばかりが聞こえ始め、本殿の前では日本語がほとんど聞かれない異様な空間。まるで日本人の我々が中国に旅行に行って現地の人々に混ざってお参りしているような錯覚。

アジア系の観光客は大涌谷や桃源台やその他の観光スポットでも見られたが、箱根神社の比では無かった。

あれだけ反日感情が多く、実際に中国からの観光客は減っては居るものの、おそらく富士山もそうなのだろうが、人気のある観光スポットには相変わらず多くの中国人の人たちが旅行に来ているようだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください