怪我をしていても風邪をひく

運動会終わった連休最後の月曜日の朝。喉の痛みで目がさめた。嫌な予感しかしないが身体がだるく体温測ると37.4℃。しかし夕方にはすっかり38℃台まで上がり完全に風邪モード。翌日は待ちに待った頚椎横突起骨折の外来受診で、もしかしたら頚椎カラーともお別れできるかもしれないのに。。。

しかしあえなく撃沈。翌朝さらに体温は上がり39℃にもうすぐ届きそう。身体起こしてみても怠くとてもさいたま新都心まで外来受診できる体力は無い。ということで整形外科での診察は諦め、とにかく風邪を治すことが先決だ。フラフラの身体のまま内科に行くのもしんどく、仕方なく評判悪いがマンション目の前にある内科で診てもらう。インフルエンザ検査なども実施して(ちなみにインフルは陰性だった)最終的には風邪の諸症状でしょうとのことで薬を出してもらう。

ところが、この風邪が意外と厄介だった。まず内科受診した初日はとにかく39℃近くまで上がり、本当に身体が怠くてフラフラだった。正直言うとインフルエンザの時よりも辛かった。

内科でもらった薬を飲んだら高熱の辛さは少し緩和されたが、その後も中々熱が下がらず、木曜朝にようやく下がって午後から出社したものの、また夜中にぶり返し、金曜夜にようやく平熱へ。そして、熱が下がると同時に咳がひどくなり完治にはまだまだ遠い。

 結局今週は木曜半日しか仕事をしていない。骨折のときの入院も考えると、ここひと月で一週間くらいしか仕事をしていない。この調子では、いよいよ仕事が無くなってしまうのでは無いか、そんな不安さえ感じる風邪でした。

さらに、この数週間の我が家は本当に医療に助けられっぱなし。父骨折&風邪、母逆流性食道炎&僧帽筋炎症、長男軽い肺炎&風邪、長女風邪&イヤイヤ。父である私は前厄で年始に護摩を焚いてもらってお祓いしてもこの有様。今一度、お参りにでも行こうかな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*