都バスで東京ビッグサイト

有明にある東京ビッグサイト。展示会などで年に数回訪れる。

ビッグサイトへのメジャーな交通手段は大崎または新木場からりんかい線でさくっと行くか、新橋または豊洲からゆりかもめに揺られて行くか。特に新橋からゆりかもめ乗ればお台場見物しながらノンビリ向かえる。

先日、どちらの方が早いかな?とGoogleマップで検索したら、意外にも2つに混ざって都バス利用したルートが出てきた。時間もほとんど変わらず、午前中なら道路もそこまで混まないだろうと考え都バスを利用して見ることにした。

利用した都バスは都05-2で、東京駅丸の内口から東京ビッグサイトまでの路線。始発狙いなら東京駅から乗るのが良く、東京駅〜有楽町駅まではJRと併走区間で電車の方が早く、効率良く利用するなら有楽町または数寄屋橋で乗るのが良い。私は有楽町駅から利用した。
ちなみに東京駅からは八重洲口から月島を通る東16と言う路線もある。

都05-2は東京ビッグサイトの1階に到着する。ゆりかもめの国際展示場正門駅もデッキ渡ってすぐにあるが、バスは建物の1階に直接到着するので下車後の利便性はバスが勝る。今回に関しては、所要時間も予定通りで暑い陽射しの中を歩かずビッグサイトに入れたので、最良の選択だったと思う。

また、通るルートは有楽町を出たあとすぐに晴海通りに出て、あとは有明までそのまま。途中に、銀座四丁目、歌舞伎座、築地市場、築地本願寺、勝どき橋、豊洲市場とちょっとした東京見物気分で見ていて飽きない。ゆりかもめも楽しいがバスにも違った楽しさがあった。

東京都内の移動に都バスを利用する。都内の他に行くときも利用例ありそうなので、交通手段の一つとして選択肢に追加したいと思う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*