MVNOへのMNP(2)

MVNOへの乗り換えで金額的なメリット

MNPにあたり、端末も変えることにした。iPhone6は今でも全然使えるし、正直変える必要なければそのまま使いたかった。ただ、ソフトバンクSIMロックのかかった状態から正攻法でSIMフリーには出来ないので、MNPするには変えざるを得なかった。

そこで、iPhone7に変える前提で価格調査は念入りに。月割引や下取りとか組み合わせれば、結局キャリアが安いのでは?と言う疑念を払拭しなくては進めない。iPhone7に変えた場合の大手キャリアの月割引が適用される期間の24ヶ月総額で大手キャリアの場合とMVNOで比較した。

端末単価は、実はSIMフリー機の方が安かった。大手キャリアは月割引を組み合わせて実質いくらと謳うのでキャリアで購入する方が安いと思い込んでいたが、割引除いた単価で比べるとSIMフリー機の方が安い。

月々の料金は、基本使用料と通話予測金額と、端末の月割引やiPhone6の下取り割引を加えても、通信容量同等プランは圧倒的にMVNOが安い。
24ヶ月の総額で考えると、私と妻の2人分で10万円近くMVNOが安くなる。大手キャリア間のMNPもして月割引をさらに上乗せしても、差は1万円から2万円埋まるくらい。

ちなみに、ソフトバンクでiPhone6のまま24ヶ月継続利用すると、大手キャリアでのiPhone7乗り換えと大差無い。これは意外だった。

と言うことで、MVNOへの乗り換え障壁は無くなった。

(1)MVNOに変えちゃって良いかな?
(3)LINEモバイルへのMNPの実行とiPhone6から7へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*