川治温泉までのロングライド

最近はロードバイクのレースやイベントにめっきり参加しなくなったが、そんな中でも毎年楽しみにしてるのが会社のジテンシャチームで毎年行くロングライド。行き先は毎年違う場所を選定し、今年の行き先は川治温泉。鬼怒川温泉の10km北。

都心から普通に行くなら150km程度と近いが、プロデューサーの @fujihoo さんの手によってきちんと途中に峠越えのルートが選択された200kmのコースに仕立てられた。最初の100kmはほぼ平坦。残りの100kmに、14kmで700m登る粕尾峠と、11kmで900m登る霧降高原が設定されたコース。

準備は万端。@fujihoo さんに至っては100km+αの試走までして頂いて、その後の一本道に至るルートも完璧。実際走り始めても、平坦100kmは車の影響が少なく走りやすいルート選択して頂いた。栃木あたりではカナダ人サイクリストが途中一緒に走ったり。

img_9455

ただ、生憎だったのは天気だ。当日が近づくに連れて雲行き怪しくなり、当日は結局自宅出てすぐにシトシト降り始め、雲に追いかけられながら北上していた感じ。50kmあたりから雨雲をリードしたが、粕尾峠で詰め寄られ、足尾に下る水たまりと穴が開いてる荒れた道に手こずっている間に追いつかれ、そこからはゲリラ豪雨のような土砂降りで、日足トンネル手前のコンビニでストップしている間に追い越された。

img_9468

粕尾峠のダメージと、豪雨で奪われた集中力に戦意喪失。日光駅まで下ったあとに、霧降高原をパスして今市までさらに下って、川治温泉に向かうことにした。今市から鬼怒川温泉手前までは下り、そこから1%くらいと最後3kmくらいは3%くらいと最後を心地よく纏めて200kmのロングライドのゴール。

その後の温泉とビールが最高だったことは言うまでもありません。


コメント コメントを追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください