中国でのモバイル

中国出張中は、以前使っていたe-mobileのモバイルルーターGL01PにChina Unicomのデータ通信用SIMカードを入れて使っていた。

出張は単独行動では無く、上海空港着いてから自由に動けないので、予め日本でSIMカードを購入しておいた。購入したのはSIMTEL。1.5GBで3,150円。

20140618-181836-65916035.jpg

手元に届いたカードがWebに載ってる写真と違い若干不安だったが、上海到着して電源入れたらすぐにChina Unicomの3Gを捕まえて、そこからは上海から蘇州までと蘇州の街中では順調に電波を捕まえ続けた。日本の3Gほど速く無いけど、それでもホテルのWi-Fiより速くて助かった。

20140618-181836-65916786.jpg

ただ、残高確認と追加チャージはSMSが必要で、モバイルルーターでは出来ないので、SIMフリー化したiPhone3GSを持って行ったのだが、肝心のSMSの送受信がうまくいかなくて結局断念。JBするとSMSうまく出来ないのかな??

と言うことで、SIMカードの残高確認出来なかったが、ルーターの通信量を信じると約500MBだったので、3,150円であと2週間は過ごせたかな。レンタルモバイルルーターだと1日700円弱、携帯各社の海外パケットは1日上限3,000円なので、現地のSIMカードをSIMフリー端末に入れて使う方が断然安い。

海外しょっちゅう行く人はSIMフリーのスマートフォンの方が良いと思うけど、私みたいにたまーにしか海外行かないなら、ルーターを安く手に入れてSIMカード入れて自分の日本のスマートフォンをWi-Fiで繋げるので十分だ。

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*