HDDレコーダーで録画した番組をiPhone/iPadで視聴する

投稿日:

これから始まるグランツールのシーズン。GWからGiro d’Italiaが開幕し、連日予想とは違った展開に手に汗を握りゴールまで見逃せない。しかし翌朝の通勤のことを考えると、ゴールが24時を超えるのを毎日見届けるのは、体力的にちょっとキツイ。かと言って、録画して早寝した所で朝出かけるまでに見る時間もない。

そこで朝の通勤時間を利用して録画したレース中継を見れないか?と画策したら、HDDレコーダーから録画した番組を抜き出して、iPadやiPhoneで視聴ができるとのことで、Softbank SELECTIONポケットサーバーをゲット。

これは、対応するHDDレコーダーに録画した番組を、SDカードを入れたポケットサーバーにムーブして、iOS対応のアプリで録画した番組を閲覧する仕組み。我が家のHDDレコーダーが対応するSONY BDZ-AT750Wだったので、ポケットサーバーとSDカードを用意すれば録画した番組をiPhone/iPadに持ち出せる。

20130509-223331.jpg

早速ポケットサーバーとSDXCの64GBを用意して試してみるが…何とHDDレコーダーが上手く認識しない。色々試すとHDDレコーダーがSDXCのexFATフォーマットに対応出来ないみたい。無理にFAT32でフォーマットすると、今度はポケットサーバーが64GBのFAT32を認識しない。。。ということで、大人しくFAT32のSDHC32GBを使うと、HDDレコーダーもポケットサーバーも認識出来て事無きを得た。

あとは、レコーダーの取説通りに「お出かけ転送」を実行すればポケットサーバーに番組をムーブし、ポケットサーバーとiPhone/iPadをWi-FiI接続すれば録画番組を見ることが出来る。ちなみに視聴時はiPhone/iPadのWi-Fiを占有するのでWi-Fiでのインターネット接続は出来ないが、3GとLTEは普段通りに使えるので、メール受信などにはそれほど困らない。

番組をポケットサーバーで視る際は、一つの番組が2GB以下に収まって無いといけないのには注意が必要。録画時間を見直すか、画質を落とす必要がある。ちなみに、Giro d’Italiaを録画すると3時間くらいになるのだが、VGA2.0では2GBオーバーするのでVGA1.0に画質を落としている。ブロックノイズはあるが見れない訳では無いのでまあ良いかな。

20130509-225812.jpg

こうして無事に朝の通勤時間にレース観戦。朝のテレビニュースや新聞でレースの結果はやらないから、自転車系のメディアやSNSに気をつけておけば、レース結果を知らずに新鮮な気持ちでレース観戦を楽しめます!


コメント コメントを追加

  1. HDDレコーダーで録画した番組をiPhone/iPadで視聴する http://t.co/qcKalj9gF8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*