通信費の削減計画

これまでの我が家のモバイル環境は、私が使っているiPhone4S、妻が使っているAndroidスマートフォン、そして4月に引越し通勤時間が長くなったのをきっかけに購入したiPad用に導入したE-MOBILEのモバイルルーター。

これらの通信費を安くする方法として検討したのが、ソフトバンクが現在キャンペーンを行っている「4G/LTE スマホ家族キャンペーン」だ。このキャンペーンは、iPhone4か4SからiPhone5に機種変更して、あまったiPhone4か4Sを新規またはMNP契約で家族が利用すると、iPhone4か4Sのパケットし放題を2年間1980円にするというキャンペーン。これが11月30日までの期間限定キャンペーン。

このキャンペーンを使った通信費削減計画は…

  • 私がiPhone4SからiPhone5に機種変更
  • iPhone4Sを新規契約して妻が使用(但し、電話番号は新規)
  • 妻のAndroidスマートフォンとE-MOBILEのモバイルルーターは解約
  • 以上の3つを実行すること。
    解約手数料の支払いとiPhone5の機種代はかかるが、それでもこのプランを実行せずにAndroidとモバイルルーターを24ヶ月使って解約金のかからない時点まで使い続けるのと比べると数万円の通信費削減になる。
    このプランでもう一つ重要なことは、iPhone5でとうとうテザリングが解禁されること。従って、通勤のときにiPadを持ち歩いても、iPhone5のテザリングを使えば良いということになり、モバイルルーターは不要になる。

    気になるのは、テザリングをすると、月々の通信容量が7GBで制限がかかることと、LTE+テザリングは消費電力が結構大きいこと。
    通信容量に関しては、幸い現在のiPhone4Sとモバイルルーターの合計通信容量が5GBくらいなので制限にかかることは無さそうだが、念のため注意が必要かな。これまではソフトバンクの請求書に表示されるパケット量とルーターホームに表示される通信量を定期的にチェックしていたが、これからは日々の通信データを確認するため、「DataWiz」をインストールし、テザリングが開始されるまで引き続きウォッチすることにした。

    20121116-220038.jpg
    DataWiz

    一方で消費電力に関しては、会社に充電器を常設するか、通勤時は eneloop mobile booster を持ち歩くかで対処する予定。手元にあるeneloop mobile boosterは型番がKBC-L54Dで、iPhoneならバッテリー切れ状態からフル充電まで可能な容量があり十分だ。

    ということで、先週末に早速プランの実行を開始。まずはiPhone5のゲットから。11月頭までは64GB以外のiPhone5の在庫が無く予約のみだったが、タイミング良く先週末あたりから狙っていた32GBの在庫が出始め、日曜にiPhone5の32GBホワイトをゲット。

    次はAndroidの解約を今週末か来週末に手続きする予定。さらにテザリングが始まるときに合わせてE-MOBILEのルーターを解約予定。


    コメント コメントを追加

    1. Naoari Shibata より:

      iPhone5はダメダメだけどね^^;
      特にデータ通信がダメ(笑)

    2. Naoari Shibata より:

      iPhone5はダメダメだけどね^^;
      特にデータ通信がダメ(笑)

    3. Naoari Shibata より:

      iPhone5はダメダメだけどね^^;
      特にデータ通信がダメ(笑)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


    *