コーヒー

コーヒーには、人一倍のこだわりは無いのだが、ちょっとこだわっている部分もある。

家でコーヒーを飲む場合は、店でコーヒー豆を挽かずに買うことにはこだわるが、買う店自体にはこだわらない。
挽かずに買ったコーヒー豆は、当然だが飲む直前に挽くことにはこだわるが、豆を挽くためのミルにはこだわらない。
コーヒーを淹れるときは、ペーパードリップで最初に数十秒蒸らし、次に少しお湯を注いで膨らませ、その後は山を崩すようにお湯を注ぎ、お湯の高さが10mmくらい沈んだらお湯を繰り返し注ぐ、なんて手順にはこだわるが、豆と注ぐお湯の太さによってどんな味が出るか?などコーヒー豆と注ぎ方の相性まではこだわらない。
コーヒーの味としては、酸味が弱くコクが多い味が好みだが、産地にはこだわらない。

ということで、以前はスターバックスでコーヒー豆を買うことが多かったが(色んな種類を試すのが面倒で、スマトラばっかり買っていたが)スタバで豆を買うと高いことに最近ようやく気がつき、節約のため最近はKALDIでコーヒーを買うことが多い。
そして、意外だったのがアイスコーヒー用の豆ををホットで淹れると、酸味が少なくマイルドで美味しく飲めるということ。夏はその名も「アイスブレンド」でホットを淹れたときに発見。家にお客さんが来たときにも出したのだが、好評だった。

しかしアイスブレンドは夏限定なので今の時期は売っていない。そこで、今回は「イタリアンロースト・アイスブレンド」を買ってみた。

KALDIの紹介では酸味が少なく苦味とコクが高いとなっている。まぁ、実際には苦味はあまり分からないが酸味が少なくコクがあって好みの味だった。酸味が苦手な方にはお勧めです。

[`evernote` not found]

コメント コメントを追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*