Biologic Bike Mount for the iPhone 4

iPhoneをハンドルに固定するためのマウントを物色。色んなレビューを読み漁ったが、機能的にドッグケーブルやイヤホンケーブルが刺せることなどや、外れる等のトラブルが見当たらないことが決め手となり、Biologic Bike Mountを購入。Amazonで購入の予定だったがwiggleでも見かけたので他のパーツと一緒に手配。

到着後に早速取り付け。

20120828-205137.jpg

商品名にはiPhone4とあるが、外寸などが同一の4Sはもちろん問題無く使える。
マウントの取り付けは一般的。マウントに対してホルダーの取り付けもラッチするまでスライドさせるだけなので一般的。マウントとホルダーの取り付け部は他のiPhoneホルダーとそれほど差は無いかな。

ホルダーにiPhoneを入れる部分は横開きの扉構成になっていて、扉はスナップフィットと手動ロックのダブルロックでかなり安心感がある。

iPhoneを乗せる部分は、本体と密着させるパッドがある。パッドの下部はDockコネクタ用の逃げが出来ていて、Dockケーブルを刺しながら使えるようになっている。充電しながらの使用を想定しているのだろう。ケーブルを通す部分には普段は穴が開いてしまうわけだが、ここを塞ぐパッドが着いている。防水について考えられているわけだが、効果はどうか?イヤホンケーブルの通し穴部分のパッドはもっとしっかりしたものだった。
ちなみに、デフォルトのパッドは4/4S用だが、3GS用のパッドも同梱されていた。

20120828-205332.jpg

20120828-205508.jpg

20120828-205545.jpg

カメラはメインカメラもFacetimeカメラも問題無く使えるようになっている。

実際に使用してみたところ。
炎天下で走っても走りながら画面が見やすく使いやすい。フリック動作も問題無し。
ボタン系は上部の電源ボタンも正面のホームボタンも機能する。ただ、ホームボタンは固くクリック感が無くなるので押しにくい。電源ボタンはパッド越しに押すのだが、クリック感はきちんと残っていて押しやすい。
その一方で、ボリュームボタンとマナーモードスイッチはアクセス出来ないので、カメラのシャッターは従来のソフトキーのみと言うのは今となっては使いづらい。

しかし、真の問題はiPhoneのバッテリーの持ち。約2時間半の間マップを付けっぱなしで走ったら、バッテリー残量は約半分。日常のライドなら問題無いが、半日乗ったりロングライドに出かけるときはアプリの立ち上げを節約するか始めからeneloopに繋ぐ用意をしておくかが必要かも。そう言う意味ではGarmin EDGE 800等にはかなわないんだな。

アプリを立ち上げていないときは画面に鏡のように自分の顔が映り、チョット照れちゃう。


コメント コメントを追加

  1. Yusuke Imai より:

    Biologic Bike Mount for the iPhone 4 http://t.co/W96vGXZL

  2. Yusuke Imai より:

    Biologic Bike Mount for the iPhone 4 http://t.co/W96vGXZL

  3. Yusuke Imai より:

    […] 以前にiPhone4/4S用のレビューもしてます。 レビューはこちら。 […]

  4. Yusuke Imai より:

    […] 以前にiPhone4/4S用のレビューもしてます。 レビューはこちら。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*