指導員研修会@ガーラ湯沢/湯沢 高半

 

1/14、15で指導員研修会で、今年初開催のガーラ湯沢へ。
いつもは12月頭の熊の湯だけど、今年は近くて楽チンで確実に雪のある1月のガーラにした。が、、、

なんと、講師6人のうち4人がSAJナショナルデモ、2人がSAJデモという豪華布陣!
楽な気持ちで行ったので、もったいないような申し訳ないような。。。

しかし、気持ちは完全にデモレッスンの受講生。
講師は岡田 慎さん。若いのに丁寧で熱心で、初日は予定時間オーバーしても教えてくれたりした。
そして滑りはシンプルで、言ったことと滑りが一致して、さすがデモという講習でした。
ただ、理解できても実践できるかは、別のお話・・・

研修会と平行して、二日目の15日には、東京都のマスターズ技術選もやっていた。
何歳から何だろうと参加者に聞いてみると「35歳から」とのこと。
来年出れちゃうじゃん。。。
ちょっと複雑な気持ちだったが、車山のスポーツマンで競技やる自信も無い今は、
これくらいがちょうど良いのか??

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

今回は宿に悩んだ。ガーラは日帰りのイメージが強いし、湯沢で宿泊はさかのぼっても記憶が無い。
そして湯沢は相場が高め?なのか手頃な宿が中々見つからない。
しかも宿の手配に取りかかったのが年末で、WEBで探しても結構埋まってる・・・

それでも、ガーラにもっとも近い(と思われる)「雪国の宿 高半」を予約。
相場どおりの値段だったが、近さと口コミに惹かれてここにした。

湯沢駅から1km程度離れた高台にあり、眺めも良く、
かの川端康成が雪国を書いたのは、実はこの宿だそうで、歴史ある宿だった。

歴史あるからなのか、色々な所にサービスが行き届いていた。
ギャラリーや多数の書籍を揃えた無料の読書スペースが整っていたり、
宿の備品や設備が不足すること無く用意されていたり、
従業員一人一人の何気ない心配りがすばらしかったり、
スキー場への無料送迎やチェックアウト後も自由に温泉に入れたり、といったサービス。
泊まって良かったと心から思える宿だった。


「お子様がいらっしゃる」からと夕飯のときには個室を用意してくれた

つぎも湯沢に機会があれば、是非また泊まりたい。


コメント コメントを追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください