出陣/おきなわ

投稿日:

おきなわ2日目。いよいよレース当日。5:00に起床すると外は雨が・・・なんと降っていない!が代わりに北風がけっこう強い。前日は風がほとんどなかったのとは対称的だ。5:30ごろからホテルのバイキングで朝食。普段はリゾートホテルで落ち着いたレストランのはずだが,今日だけはガチャガチャとしている。ガチャガチャは雰囲気だけではなく,実際にクリートの音もガチャガチャしているのである。そう,今日の晩にオクマに宿泊しない人たちはレース前にチェックアウトだから,すべて荷造りした状態で食事に来ている人もいて,そうするとジャージにクリート付きのシューズに右手にヘルメット,左手には荷物を詰め込んだバッグ,なんて格好の人が多い。

6:00ごろ朝食が終わりレストランからコテージに向かおうとすると,外は雨。。。とうとう空から雨が落ちてきた。もうこれで覚悟を決める。

着替え,準備などをして80km組みは7:30にオクマを出発。自走でスタートの辺戸岬まで向かう。去年も思ったが,我々の他に自走でスタートに向かう人がほとんどおらず,分かっていても途中ちょっとあせる。けど,強い北風と降って来る雨とタイヤで巻き上げられた水しぶきを浴びながら,20km弱の道をアップがてら進んで行く。天候が天候なので,ジャージの上にはウィンドブレーカーを着用。途中のトンネルは,KSG氏から「雨の日はトンネルの方が滑るから・・・」という言葉を思い出しながら慎重に進む。与那の入口過ぎからは,みんなで先頭を回しながら進み,8:30にはスタートの辺戸岬に到着。ここから,トイレと補給の時間。

辺戸岬に着くと,すでにたくさんの人が待機していた。今年は雨だったせいもあって,多くの人が屋根のあるレストハウスで休む。我々も休んでいたが,9:15ごろ外に動きが。どうやら国際女子80kmのスタートが迫っているようだ。それと同時に市民80kmの動きも慌ただしくなり,我々もスタートへと向かう。

ところが,スタートに着いてみるとかなり後ろの方。あとから見てみたら,前に300人,後ろに50人といったところか?いつの間に他の選手はスタートに着いたんだ??と完全に出遅れたようです。

国際女子がスタートする9:33。。。を過ぎても中々スタートしない。どうやらチャンピオン200kmが通過するのを待っているようだ。今年は雨のせいかレース展開がまったりしているのか,なかなかチャンピオンクラスが現れない。約20分くらい遅れたところでようやくチャンピオンクラスが通過。第三集団くらいまでやり過ごしたところで,国際女子がスタート。この時点ですでに市民80kmはスタートが遅れることが決定的でした。。

そのあとすぐに市民80kmがスタートするかと思いきや,なかなかスタートできない。通過する集団の切れ目が中々無いからだ。チャンピオン200kmが一通り過ぎたかと思ったとき,市民200kmの先頭が通過。イナーメのジャージ来ている選手が単独で通って行った。まさか高岡選手じゃ無いよなぁ。と思っていたが,あとから調べたら,どうやらディフェンディングチャンプの高岡選手だったようだ!!後続との差は1分くらいか?100km弱を単独で逃げようとするなんて,かっこ良い!と,観戦しにきた一ファンに一瞬なったが,再び現実に戻ると,200kmの集団をやり過ごしているうちにすでに定刻9:43を30分はオーバー。スタートが遅れる分だけ関門突破が厳しくなるので,周囲にはボヤイている人多数。。。そして集団が切れたところでウィンドブレーカーを脱いでバックポケットにしまうと,ほどなくスタートを迎える。

コース中央にパイロンを立てて,左車線を130km/200km選手が通過して行くなか,85kmクラスは右側車線で並んでスタートを待つ。私はその左寄り(パイロン寄り)に待機。そしてとうとうスタート!先頭から徐々に動きだし,私の前方はみんなパイロン挟んだ左側へ進む流れになっていた。パイロンに気をつけて間をすり抜けようとした瞬間,右斜め前方にいた選手がパイロンに気づかなかったのかパイロンと接触。そのパイロンはつるーっと滑って,なんと私のフロントホイールを塞いでしまった・・・タイミング良く両隣にも選手がいたため進行方向を変えられず仕方なくブレーキ。。。そして再び加速したときにはすでにtoRide+wemoのチームのみんなは既に視界から消えていた。。。

 

(つづく)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*